ICBrains
質問の返答が返ってこないことはありませんか?
Socratec SV を使用することで、
その問題を瞬時に解決できます。
ICBrains質問の返答が返ってこないことはありませんか? Socratec SV を使用することで、 その問題を瞬時に解決できます。

Socratec SVはあなたの講義をサポートします

Socratec SVとは?


Audience Response System、クリッカー、アンサーパッドと呼ばれる
講義や授業・学会・セミナー・イベントプレゼンテーションで使用できる
ICT(Information and Communication Technology)を取り入れた支援システムです。

現在、文部科学省の教育振興基本計画では 大学教育にICTの利活用を推奨しています。

Socratec SV S53、Socratec SV M30
↓
パワーポイント

パワーポイントを使用したクリッカー


使い慣れた既存のリソースを活用できるので購入に手間をとりません。

端末

誰にでも簡単に使えるアンサーパッド端末


わかりやすい液晶表示。電波の状況や送受信の結果も一目でわかります。

グラフ

リアルタイムで聴衆の反応をグラフ集計で表現可能


会場の反応が視覚的にすぐわかり、会場全体の一体感が生まれます。

レポート

講演終了後に様々な形式で集計レポートを出力


回答結果をPDFやエクセルファイルで瞬時に出力します。

6つの集計方法
6つの集計方法

複数の選択肢から1つの選択をする「単一問題」、選択肢を正しい順番に変更する「並べ替え」、候補者から投票で当選者を決定する「選挙」など、問題に応じた集計方法を選択することができます。

12の利用方法
3つの結果表示
3つの結果表示

回答者の個人別、グループ別に結果を集計表示することが可能です。また、グループ内でMVPを表示することができます。結果を瞬時に回答者に伝えることで、回答者のモチベーションに繋がり、回答率や出席率が上昇します。

3つの分析方法
3つの分析方法

縦グラフ、横グラフ、円グラフだけではなく、以前に行った質問を並列して比較できるオプションの比較、そして2つの項目を横軸として分析できるクロス集計がご利用頂けます。問題に対しての学生の理解度、関心の度合いが瞬時にグラフ化することが可能です。

12の利用方法
6つの集計方法
6つの集計方法 複数の選択肢から1つの選択をする「単一問題」、選択肢を正しい順番に変更する「並べ替え」、候補者から投票で当選者を決定する「選挙」など、問題に応じた集計方法を選択することができます。
3つの結果表示
3つの結果表示 回答者の個人別、グループ別に結果を集計表示することが可能です。また、グループ内でMVPを表示することができます。結果を瞬時に回答者に伝えることで、回答者のモチベーションに繋がり、回答率や出席率が上昇します。
3つの分析方法
3つの分析方法 縦グラフ、横グラフ、円グラフだけではなく、以前に行った質問を並列して比較できるオプションの比較、そして2つの項目を横軸として分析できるクロス集計がご利用頂けます。問題に対しての学生の理解度、関心の度合いが瞬時にグラフ化することが可能です。
↓
Socratec SVで得ることのできる5つのメリット

集中力の維持

通常の講義では10分程度しか集中を維持できません。しかし、クリッカーを使用した参加型の授業にすることで学生の集中力を持続させます。

集中力の維持

学生同士の相互作用

問題の正答率がわかるため、自分だけ理解できていない不安へのカウンセリング効果が期待できます。また、個人で考えるよりも理解の定着率が増加します。

学生同士の相互作用

講義への能動的参加

講義に能動的に参加しなければ、高い学習効果は得られません。クリッカーは講義への参加を助長し、高い学習効果を得られます。

講義への能動的参加

参加への動機付け

問題ごとに正解率が算出できるため、正解率を成績に反映することで参加率の向上が見込まれます。

参加への動機付け

理解度の把握・集計

通常の講義では、理解度の把握は最終試験で行われます。クリッカーを使用することで、設問ごと、あるいは講義ごとに理解度を知ることができます。

理解度の把握
↓

Socratec SVを使用することで今までにない情報、効果、そして結果を得られます。


Socratec SV(クリッカー)(レスポンス・アナライザー)でより良い講義を